<< 春の訪れ 次男の前倒しバースデー&ロース... >>

読書しました。

d0054189_2213089.jpg


もともと本を読むことは好きだったのですが、目の調子がいまいちだったり、忙しさのせいにして
しばらく本から遠ざかっていました。
でも読み始めたら止まらないですね。
もともと好きな作家である東野圭吾の「使命と魂のリミット」は期待を裏切らない、
読者をぐんぐんひきつけて、あっと言う間に読み終わってしまいました。
医療とサスペンスを織り交ぜながら、最後は納得できる結末。
やっぱり東野圭吾の小説っていいです(^^♪

もう一冊は第142回直木賞受賞作家の白石一文「私という運命」
本屋さんの「感動の恋愛小説」という謳い文句にふらーと手に取って買ってしまいました。
内容は1人の女性の29歳から40歳までの遠回りした恋愛とその半生。
本文中の「一つ一つの選択が運命なのだ。私達は、運命を紡ぎながら生きていく」
という箇所はうーんなるほどと共感。
男性の作家だけど、恋愛観は女性が読んでも違和感はなかったです。
でも、やっぱり小説だよな~という感は否めないかな。

今年はもう少し本を読むぞーと久々に思いました。

d0054189_22285269.jpg


本日、次男のクラスメイトが3人お泊り。
夕飯はスパゲティミートソースと鶏の唐揚げにサラダ。
子供達はこのメニューにたいへん喜んでくれました。
タバスコをかけすぎた子が、食後に洗面所で口を洗っているのが可愛かったです。
[PR]
by hinodeminami | 2010-03-11 22:32 | 趣味
<< 春の訪れ 次男の前倒しバースデー&ロース... >>