<< リーグ戦 初黒星 DVDレコーダー >>

映画 「マザー・テレサ」を観ました


d0054189_2243251.jpg

雨の水曜日、映画のレディースデイです。
前から観たいと思っていた「マザー・テレサ」を日比谷のシャンテシネに観に行きました。

「ロミオとジュリエット」で美しいジュリエットで一世を風靡したオリビヤ・ハッセー
がマザー・テレサをどのように演じるのかなという思いと、マザー・テレサの生涯
をどのように描いているのかとても興味がありました。

結論はオリビヤ・ハッセーは素晴らしかったです。
しぐさや話し方、立ち居振る舞いすべてがマザー・テレサでした。
そして、映画のストーリーも静かな感動を残してくれました。

世界中の宗教指導者たちがマザーのようにお互いの宗教を尊重
しあったら、戦争なんてきっと起こらないのに・・・
としみじみ感じましたし、「愛されることよりも愛することを、与えられることよりも
与えることを」ということばは、「くれない病」になってギスギスしている
私たち現代人にふと己の心を省みる重い言葉でした。

観るまではあんなに泣くなんて思っていなかったのですが、
もうハンカチがぐしょぐしょになるまで、泣いてしまいました。
[PR]
by hinodeminami | 2005-10-05 22:43 | 趣味
<< リーグ戦 初黒星 DVDレコーダー >>